instantgraphy

主に写真や、購入したものを紹介しています。

チェキで風景写真撮影

f:id:shibshib1222:20181019003034j:plain

 

イカゾフォートを持ってスナップ写真を撮り行きます。

今回は札幌市内で歴史を感じることができる開拓の村を訪れました

開拓の村は小学生以来でほぼ始めての場所

ネットで軽く下調べをして写真を撮れるか微妙かなと思っていましたが思っていたよりずっと広くちゃんと回れば1日は潰せる広さ

 

駐車料無料で入場料は大人一人800円でした。

 

今回は午後から入園したので一部しか写真は撮れませんでしたが普段取れない写真を撮影できたので紹介して行きます。

 

f:id:shibshib1222:20181019003747j:plain

 

入場してすぐに道産子がお出迎え

園内を何十分おきに馬車を引いて走っています。

広い園内なので疲れたときに助かります

 

この写真は逆光で撮影したので道産子も馬車も黒くなってしましたがチェキではこういう失敗はつきもの。

次は気をつけよう

 

道産子を通り過ぎるとメイン通りが目の前に広がります

木造の日本家屋と洋風の建物が共存する風景は新鮮

 

ここはあえてメイン通りは通らずに一本裏の明治・大正時代の住宅から見て回ることにします。

 

f:id:shibshib1222:20181019004838j:plain

 

f:id:shibshib1222:20181019004900j:plain

 

f:id:shibshib1222:20181019004922j:plain

 

玄関で靴を脱いで中に入ります

今とは比べのもにならないほど狭い

天井も低い

ただ、どこか懐かしい

そんな不思議な気分でシャッターを切ります。

 

この日は曇り時々雨で時折降る雨を雨宿りしながらの撮影

室内の写真は全体的に暗めですがチェキでも撮影は可能です。

 

f:id:shibshib1222:20181019005603j:plain

 

 

f:id:shibshib1222:20181019005630j:plain

 

 

まさかこんなに暗いとはおもわず三脚は持って来ませんでしたが時折バルブ撮影もしました。

シャッターを開いている時間は約3秒

日中なので開きすぎると真っ白な写真になるので注意が必要

 

三脚がないのでブレていますが許容範囲内

住宅内はどこにも囲炉裏があり台所にはツボや瓶などが無造作にある

この時代の台所は本州と同じだが後に酪農が発展しバターなどを使うことが増えスプーンやフォークなどの食器も並ぶようになったとか。

 

f:id:shibshib1222:20181019010732j:plain

 

これが台所

ここは真っ暗だったのでバルブで撮影

約3秒間シャッターを開きました

殺風景ですが何故か写真を撮りたくなってしまいます。

 

f:id:shibshib1222:20181019011013j:plain

 

f:id:shibshib1222:20181019011031j:plain

 

暗くてわかりにくいですがトイレと窓です

トイレは木の和式

壁も薄くて冬はとても寒そう

窓ガラスも薄く割れるのではないかと心配になるほど

 

f:id:shibshib1222:20181019011314j:plain

 

こちらもバルブ撮影。

シャッターは約2秒半ほど

この写真は今回のお気に入りです

廊下の雰囲気はご覧の通り暗く古く雰囲気満点です。

 

住宅ゾーンを抜けたところで雨が強くな倉庫に避難

 

f:id:shibshib1222:20181019011738j:plain

 

f:id:shibshib1222:20181019011807j:plain

 

1枚目は流石に暗すぎ

中にはツボやら何かの道がたくさん

 

隣の倉庫は米倉でした

バルブで3秒

なかなか満足のいく写真が撮れました。

 

ここで時間もだいぶ経ってしまったので今回はこのくらいで出口を目指します

 

f:id:shibshib1222:20181019012255j:plain

 

今回は午後からの入園で隅々まで見ることができませんでしたが次にくる楽しみも見付けられたので良い経験になりました

次くるときは晴れの日を狙ってこようと思います。

 

 

 

ライカ ゾフォート ミント

ライカ ゾフォート ミント

 

 

 

 

www.instagram.com