instantgraphy

主に写真や、購入したものを紹介しています。

富士フィルムX100Sで札幌の夜をスナップ

f:id:shibshib1222:20181110121837j:image

 

今回は新しく買ったフジフィルムのX100Sを持って夜の狸小路周辺を撮ってきました。

とはいえこのカメラを買ってから初めての撮影なのでまずカメラに慣れるところからスタートです。

まずこのカメラ、見た目がフィルムカメラみたいでいい、絞りやシャッタースピードISO感度に加えフジフィルム独自のフィルムシミュレーションが搭載されています。

 

私はフィルムの感じが好きなので買いの決め手はフィルムシミュレーションです。

軽量なので持ち歩きも楽でこのカメラはマニュアル撮影も楽しめる、もちろんファインダーも付いていて素通しで撮影もできますが光学ファインダーと電子ファインダーのハイブリッド式。

 

f:id:shibshib1222:20181030021207j:plain

 

今までチェキが切り取ってくれる風景が好きで、もちろん今でも好きですがこれからもっと写真を撮っていこうと考えたときに弱点として「夜間の機動性が悪い」「フィルムに限りがある、フィルム代がかかる」というところが障害になってくるのではないかと思いカメラを探すきっかけになりました。

最初はフィルムカメラで探していましたがどちらにせよフィルムは撮れる枚数に限りができてしまうのでメインで持つのはやめておきたいところ、ただ、フィルムの仕上がりが好でどうしてもそこからは離れたくはない。

そんなときに富士フィルムのX100Sを見つけてしまい、このカメラを購入した一番の決め手はフィルムシミュレーション。

 

f:id:shibshib1222:20181110122356j:image

 

まるでフィルムカメラで撮ったような仕上がりに一目惚れをしてしまい、これならば長く写真を撮っていけるカメラだろうと思いアマゾンでポチり。

まだこのカメラに慣れたわけではありませんがこの仕上がりには大満足、デジカメなので鮮明な写りをしますが私はチェキで覚えた写真の楽しさをこのカメラでも表現していきたいと考えています。

 

扱いは当然ながらチェキと比べると複雑で「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」がマニュアル操作でき、今日撮った感覚では「絞りは絞りめ」で「シャッタースピードを遅く」して撮ると今日のような写真が撮れましたがISO感度は400で撮りました。感度を上げるとノイズが入ります、チェキのような写真を撮るにはノイズが必要なので次は「絞りオート」「ISO高め」「シャッタースピード撮影時調整」で撮ってみようと思います。

 

まだまだコンデジを始めたばかりで距離感すら掴めていませんが「デジタルなので沢山撮れる」「コンパクトでどこにでも持って行けて邪魔にならない」「フィルムメーカーのこだわりが詰まっている」この点が今の自分てすごくマッチしていてこのカメラを買ってよかったと思います。

 

www.instagram.com

 

 

FUJIFILM デジタルカメラ X100S F FX-X100S

FUJIFILM デジタルカメラ X100S F FX-X100S