instantgraphy

主に写真や、購入したものを紹介しています。

ネオクラシックカー ホンダCR-X

youtu.be

 

古いホンダCR-Xがサムネのこちらの動画。

 

ネオクラシックカーブームの昨今、見る分にはとっても魅力的なジャンルだが、所有するとなると部品供給との追いかけっこになるのは目に見えている。

しかし、このCR-Xのオーナーはこの車を所有したときから維持していくことを決意し、自ら部品をストックし、整備を行ってきた。

 

ホンダ車のミーティングなどではチューニングカーが目立つことが多いが、このCR-Xはフルノーマルを維持していると言うことで目立っている。チューニングをし、手をかける事だけがクルマ好きとは限らないと思い知らされた。

今回はそんな完璧ノーマル主義のカーマニアを紹介したい。

 

 

英語のえの字も知らない私が、アプリと雰囲気で海外の動画をスカスカに訳したものなので暇な方はどうぞ。

 

 

 

f:id:shibshib1222:20190305161249p:image

 

「私が14歳の時のこと。母親が購入したシビックワゴンを見た私はホンダ車に恋に落ち、影響を受けた友人もホンダ車のファンになりました。それをきっかけに、私は14歳の年齢でホンダカークラブに加入したのです。」

 

f:id:shibshib1222:20190305161255p:image

 

「その後しばらくして、運転年齢に制限が付きオイルショックなどが起こりエコカーが人気となる時代が来ました。」

 

f:id:shibshib1222:20190306000420p:image

 

「ヨーロッパや日本には楽しいクルマがありましたが、当時発売されたCR-Xはベーシックな大衆車であり、楽しいクルマでは無かった。」

 

f:id:shibshib1222:20190306000443p:image

 

「そのルックスと性能のギャップでCR-Xは当時市場で苦しむことになった。それにもかかわらずこのCR-Xが初めて新車で買ったクルマです。」

 

f:id:shibshib1222:20190306000500p:image

 

「以前はシロッコに乗っていた事もあったが故障が多かった。カーライフを振り返った私はスタイルと燃費が良く、クイックに曲がる車を求めている事に気が付いた、シロッコのようなパワーより信頼性が欲しかった。ホンダは私の求める完璧な車だった。」

 

f:id:shibshib1222:20190305161324p:image

 

「最初は2人乗りのクルマに抵抗があったが、考えてみると自分は後部座席に人は滅多に乗せない事に気が付いた。それよりもこのスタイルと走りの楽しさが欲しかった。」

 

f:id:shibshib1222:20190305161336p:image

 

CR-Xのエンジン音を聞きながら走っている時間は本当に素晴らしい。5速マニュアルトランスミッションは指一本で操作できる程軽やかだ。」

 

「この車のエンジンはインジェクション方式で91馬力を発生する。CR-Xはまるで意思があるかのようにこのエンジンで気持ち良く走ってくれる。」

f:id:shibshib1222:20190305161343p:image

 

「最近になりブレーキや、スターターを交換したが、今まで立ち往生などは一度もない。それ以降は寿命の部品はストックし、十分な数を持っています。 」

 

「私自身、ホンダディーラーで働いているのでこのクルマで出勤しています。80年台の車は最近値上がりしているものが多く、私にも関係のない話ではありません。」

 

「この車は、些細なところにも技術的な驚きの多い車でした。サスペンションなどの足回りからルーフのフードライン、グローブボックスが2段階で開く方式など多岐に渡ります。」

 

「カスタムショーなどに参加しているチューニングカーは必ず元の車があって車種は変えられない。それはチューニングもノーマルも維持という意味では同じに感じられた。」

 

 

 

トミカリミテッドヴィンテージ NEO TLV-N35b Honda CR-X Si85年式 (黒) 完成品

トミカリミテッドヴィンテージ NEO TLV-N35b Honda CR-X Si85年式 (黒) 完成品