instantgraphy

主に写真や、購入したものを紹介しています。

本革手作り!BREEの馬蹄型コインケースを買いました。

 

 

f:id:shibshib1222:20181121223445j:image

 

 

今回は最近購入したBREEのコインケースについて紹介しようと思います。

 

 

 

 

初めてのコインケース。初めての馬蹄型。

 

まず、私は、当たり前ですが財布を持っているのでコインケースは必要ないと考えていました。持ち物をわざわざ増やす必要もありませんしね。

 

 

ただ、コインケースを持ち歩くことによって「無駄遣いを減らせる」と思い購入しました。

 

f:id:shibshib1222:20181126034926j:image

 

実際に使ってみて思ったことは、小さくてかさばらないので持っていることを忘れるほど。財布でポケットが膨らむことはいっさいありません。それに会計の時には小銭を出し入れしやすく、ヘリが付いているのでこぼしにくい。

 

また、摩擦のみで閉まっているのでコインの取り出しやすさに一役買っている。

 

 

 

財布と分けて上手に使う。

 

以前であれば、現金やカードなどは、まとめて1つの財布に入れていましたが、そうしてしまうと、使える分がまだあると錯覚しやすく、使い過ぎてしまったり、日々のお昼代など、少額であればあるほど財布の紐が緩みやすくなりがち。

 

 

そんな無駄を無くすために、お金をしっかり分けて管理し、使い道をハッキリさせる手段の1つとして、コインケースにお金を分けて持ち歩くことにしました。

 

 

 

 

革製品のわくわく感。

f:id:shibshib1222:20181127194518j:image

 

このコインケース、ヌメ革で作られたハンドメイド。ヌメ革とは、革の中でも、最もナチュラルな風合いの革で、ほとんど表面加工などせず作られます。そのため匂いなども素朴で、良いモノを持っているという実感が湧く一品。最初は、加工されてないがために、硬くて、ゴワゴワしていますが、使い込むうちに繊維がほぐれて柔らかくなり、馴染んでくる革です。

 

最終的には茶色くなり、くったりと馴染むので、育てる楽しさは革製品の中でもピカイチ。

 

 

この革の心地よさもあり、普段はこのコインケースしか持ち歩いておりません。その為、普段の所持金は多くて千円程度。

 

 

 

コインケースの恩恵。

 

f:id:shibshib1222:20181127194721j:image

 

所持金千円というのが大切なポイント、私たちは社会人になるまでに、お金に関して学校で習うことは、自分でその道を選ばない限りありません。私の場合は、学校でお金の勉強などした覚えもありません。

 

なので、お金に関して教えをしてくれるのは、唯一、両親や祖父母になります。そう言ったある意味、勉強不足の状態でお金を手にしてしまっては散財してしまう可能性は大いにあり得ます。

 

 

 

 

最後に、買ってよかった。

 

話が脱線してしまいましたが、コインケースを買って本当に良かったと思います。

 

所持金を減らすことで無駄遣いを減らせて、自分の本当に必要なモノを見極める目と感を養う役割を果たしてくれています。

 

これからもお世話になります。

 

 

 

www.instagram.com