instantgraphy

主に写真や、購入したものを紹介しています。

損をしない中古車選び 車に詳しくなくても大丈夫!中古車を選ぶときに気をつけるべき事 〜軽自動車編〜

f:id:shibshib1222:20181114235326j:plain

 

皆さんは車を購入する際に一度は中古車を検討したことがあるのではないでしょうか、

中古車と言うと車の状態や、走行距離、車検月、事故歴、禁煙、オーナー数などチェックする項目が多過ぎて車の知識も少ない方は取っ付きにくいイメージがあるかもしれません。

 

 

今回は中古の軽自動車を選ぶ際に気をつけるべき事を述べていきたいと思います。

勿論、新車を買う際にも重要になってくるので参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜本題に入る前に軽自動車に関する豆知識〜

軽自動車とは日本が独自にカテゴライズした自動車のことで、ボディの大きさ(長さ3,40m 幅1.48m 高さ2m)エンジンの排気量(現在は660CC)に規制がかかっており、この規制に引っ掛からないように造られた車が軽自動車です。

基本的には4人乗り、一部2人乗りもある。

 

 

とにかく普通車と比べてボディもエンジンも小さく、最大4人乗りという決まりが定められている車ということ。

 

 

 

 

⒈まずは使用目的をはっきりする。

 

まずは使用目的です、当たり前ですが軽自動車なので乗車定員はどのメーカー、どの車種を選んでも4人乗りです。(一部二人乗りもあります。)

 

使用目的を具体的に分けていくと、主に乗る人数メインかサブか好み

この3をハッキリさせましょう。

 

 

 

まずは主に乗る人数

 

例えば、夫婦と子供一人を乗せるのであればリアシートも広く、車内で移動ができる背の高い車が良いでしょう。または一人もしくは夫婦のみ、たまに人を乗せる程度であれば横風を受けにくく、スイスイ走れる背の低い車にした方がいい選択と言えます。

 

 

 

メインかサブか

 

メインの車であれば、使用用途を考えたオールラウンドな車(背が高くスライドドア装備車)が良い選択になりますが、サブの車であれば一つに特化した性能を持っている車が良いこともあります。

 

例えば、通勤車、奥さん専用車の場合、快適性や広さよりも経済的かどうかが重要になってきますので、そういった場合は燃費のいいものがいいでしょう。

 

 

好み

車を購入する決め手になる重要な項目です。

あまりにも用途にそぐわないものでなければ好きな車を買いましょう

やはり高額な買い物で、買った後からカーライフが始まりますので満足のいく買い物を。

 

 

 

 

⒉必要な装備を洗い出す。

 

これは⒈の使用目的を踏まえた上で必要になる装備、頻繁に後ろに人を乗せるのであればスライドドアは外せない。また雪が心配なのであれば4駆は必須。

 

また、人数を乗せる、長距離を走るのであればターボが無難。

 

 

 

⒊候補をリストアップ

 

ここまでくると車種は問題ないと思います。

次は実際にネットで車種を絞って状態の良い車を選びましょう。

 

この時に重要なことが、用途にあった装備、予算、年式、使用歴、事故歴が主な項目でしょう。

よく車検付きの方が良いと言いますがそこまで重要ではありません、中古車の場合はそれよりも、必要な装備がしっかりと付いていることの方が重要です。

 

例えば、試乗車として使われていた車、いわゆる新古車といった車は、新しく、距離も走っていないので新車の本体価格で、ある程度必要な装備が付いたものが買えるといったイメージ。

 

装備、年式などはモデルによって付いているもの無いものがあるので何年にマイナーチェンジ、モデルチェンジされているかを確認しましょう。

 

使用歴、事故歴は程度によっては問題なく、通常より安く車を買えるチャンスなので実際に電話で聞いてみるのも一つの手です。

 

 

自分に必要な装備付きの車はどのくらいの市場価格なのかサーチしつつお得な車を探しましょう。

 

 

 

⒋実物を見にいく

 

候補を絞ったらあとは見にいくだけ、今まで調べたことを基にいろいろ質問もしてみましょう。後はアフターサービスを任せられるか接客対応を見抜いてください。

 

 

 

 

最後に

クルマ選びは簡単な決断ではありませんが、今後何年、長いと10年以上その車と付き合う方もいるでしょう。しっかりと用途にあった車を選ぶことは勿論ですが、お店の雰囲気なども重要な要素になってくるでしょう。

 

 

 

 

www.instagram.com