instantgraphy

主に写真や、購入したものを紹介しています。

富士フイルムとa.p.s スタンダード。

 

 最近気に入ってよく履いているa.p.cですが、天気や、周りの明るさによっても少しずつ違う表情を見せてくれます。

 

 

この雰囲気を富士フイルムのカメラを使って撮影したらとんでも無く良い雰囲気に写るのではないか!

 

 

ということを思いついたので撮ってみました。

 

 

このデニムは、仕事から帰ってきたらすぐに履き替えるほど気に入っていますが、考えてみると夜メインで履いていて陽の当たる時間帯にジックリと眺めていないせいか、日中に履いているとこんなに色落ちしてたっけ?と思うこともしばしば。

 

なので今日は天気もいいし、1人だし、じっくりデニムを眺めようと思います。

f:id:shibshib1222:20190522094812j:image

f:id:shibshib1222:20190522094854j:image

f:id:shibshib1222:20190522094838j:image

 

こういった明るい室内だと白くボケたような色になります。

淡いジーンズに見えますね。

 

普段は照明の下で履いているのでコントラストがはっきりしていますが、これは新しい発見です。

 

こうして見ると、かなり色落ちは進んでいる方なのかな?

生地自体はやっと馴染んで最高に履き心地が良いのでまだまだ履くつもりです。

 


f:id:shibshib1222:20190522094831j:image

 

しかしこの雰囲気、、、

 

ため息が出ますね笑

 

デニムも良いですがこの雰囲気は富士フイルムの写りも味わい深いですねぇ。

私はカメラについて特に詳しい訳ではありませんが、富士フイルムはフィルムメーカーなので現代のデジカメでもその雰囲気を大切にしているそうでそのフィルムのような写りが好きでこのカメラを買いました。

決して安い買い物ではなかったですが、本当に買ったよかったです。

 

ケースを付けてストラップやシャッターボタンを自分好みにしているの愛着もあります。

出かける時には大抵持って行きますね。 


f:id:shibshib1222:20190522094844j:image

 

言わずと知れた赤耳です。

微妙に裾が長いせいで踵のところが少しスレてしまっているので最近はワザとまくって赤耳を出して履いています。


f:id:shibshib1222:20190522094841j:image


f:id:shibshib1222:20190522094801j:image

 

焦点の違う写真です。

 

自分目線ではこんな感じに見えています。

こうして上から見下ろすと座っている時より濃く見えますね。

 

この微妙な違いが見ていて楽しかったりします笑


f:id:shibshib1222:20190522094804j:image

 

横の部分は赤耳に沿って色落ちしています。

こんな細かい所もしっかりと凹凸に沿って色落ちします。


f:id:shibshib1222:20190522094821j:image

腕を伸ばして撮りました。

加工されているデニムを見慣れている自分としてはこのデニムはぼんやりとしていて柔らかい印象に見えます。

 

f:id:shibshib1222:20190522171550j:image

 

f:id:shibshib1222:20190522171824j:image

 

最後にカメラをiphonで撮りました。

さすがに富士フイルムとは差を感じますが十分です。

 

カメラは富士フイルムのX100Sです。

新品で買いましたがセールでしたので半額で買うことが出来ました。

 

正直ラッキーです笑

買って最初は使い方がわからず、宝の持ち腐れかと思いましたが、わからないなりに触るうちに良さがわかってきて、今では外出する際は必ず持ち歩いています。

 

 

 

また天気がいい日に写真を撮ってきます。

 

 

FUJIFILM デジタルカメラ X100S F FX-X100S

FUJIFILM デジタルカメラ X100S F FX-X100S

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

A.P.Cデニムを約4年履きこんでみて。

f:id:shibshib1222:20190423102549j:image

 

皆さんもジーパンは少なくとも一本は持ってると思います。

スキニーなんかはスラッとしていて合わせやすいですよね。

 

しかし、今回は敢えてストレートジーンズについて書きたいと思います。

それも高級ジーンズのa.p.cデニムについて。

正直、合わせにくいです。自分がファッションに疎いのは置いといて、普通におじさんぽくなりやすい。なので、最近は専ら近所の買い物やルームウェアとして使っています。

 

ただ、アイテム単品で見たときの高級デニムのかっこよさは特別級です。

さすが高級だけあるなあという感じ。

このデニムは、約3、4年前に古着屋で既にユーズドの状態で購入し、その後2年間ほぼ毎日履いて、1年放置で今年ルームウェアとして蘇りました。

 

買ったときは糊は剥がれていたものの、濃紺で、奇跡的にうウェストと裾の長さがぴったりでした。まさに奇跡の出会いだと思いその場で約8,000円程で購入しました。

 

今思えばかなりお得品ですね。

買ってからは毎日履いて、少しでも当たりが出てくるのを毎日楽しみに眺めていました笑


f:id:shibshib1222:20190423102538j:image

 

購入後1年は学生でしたのでほぼ毎日学校にこれで通学し、休みの日も履いて、寝るときには畳まず脱いだままクシャクシャにしてました。

 

 

そんな地味な努力のお陰で履いて1年くらいには色は紺色でしたが今の写真の当たりが定着してきて、ある程度カタチが出来たかなと言う感じまで仕上がりました。

 

1年履いて洗濯は2、3回くらい。洗うときは裏返して洗濯機にお任せです。

干すときには縮むと聞いたので逆さにして裾を引っ張るように干していました。

結果、それ以上縮むこともなくジャストサイズのまま履けています。


f:id:shibshib1222:20190423102604j:image
f:id:shibshib1222:20190423102530j:image
f:id:shibshib1222:20190423102527j:image

 

こんな跡も自分が付けたと思うと益々愛着が湧いてきます。

ポケットの皺の膨らんだところに沿って色落ちしているのは、いつどんな風に擦れたんだろうかとか、無駄に考えてしまいます。

 

内腿にできた綺麗な皺は一番気に入っている部分で、その周辺のボンヤリとした色落ちも良い雰囲気が出てきました。

 

よく見ると赤耳に沿って当たりが出ています。

一体いつの間に着いたのやら。


f:id:shibshib1222:20190423102601j:image
f:id:shibshib1222:20190423102534j:image

 

裾のところは色落ちを通り越してダメージを受けてしまっています。

ここは気を付けてやらないと長く履けなくなってしまいそう。

 

a.p.cはボタンフライなので独特のよれかたをします。

これもまた雰囲気向上に一役買っています。


f:id:shibshib1222:20190423102612j:image
f:id:shibshib1222:20190423102616j:image
f:id:shibshib1222:20190423102556j:image

 

正直、後ろはあまりよく色落ちしていません。

よく運転をするのでお尻の当たりが財布のカタチが分かるくらいに色落ちしているくらいです。

 

色味は好きですが表情がないと言うか。

膝の裏のところの皺がもっと色落ちしてくれれば良いのですが、自分の行動パターンではなかなか色落ちしません。

 

いっそのことブラシなどで擦ろうかとも思いましたが、今のところそこまでやっていません。


f:id:shibshib1222:20190423102544j:image
f:id:shibshib1222:20190423102553j:image
f:id:shibshib1222:20190423102620j:image
f:id:shibshib1222:20190423102541j:image
f:id:shibshib1222:20190423102609j:image

 

この色味といい、生地の感じといい見ていて飽きのこない感じはグッときます。

もちろん、ストレッチ性はないですし夏は暑いですが、札幌では本当に暑い日以外は作業着としても使えるので、いろんな意味で頼もしい相棒的な存在です。

皆さんも高級ジーンズ一本は持っていて損はないと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

N-ONEでちょうどいいんじゃないかという期待。

f:id:shibshib1222:20190422231249j:image

 

皆さんは軽自動車についてどう思いますか?

恐らく維持費の面で一度は検討された方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな気になる軽自動車について、特に自分の注目しているN-ONEについて書いていこうと思います。

 

まず、注目すべきはそのルックス

印象的なフロントマスクと今時珍しい台形型のボディスタイルはいかにも自動車チックでクルマ好きにはグッとくるデザイン。

 

走っている姿は白い塊。

シンプルでいつまでも飽きのこないデザインは他の車、特に軽自動車の中では唯一無二と言える。自動車と言う製品自体が消耗品化している最近の流れの中でN-ONEの様な存在は貴重な存在。

f:id:shibshib1222:20190422231516j:image

 

タイムレスデザインと言う言葉がしっくりくる。

 可愛らしくてまとまりがある。その一言に尽きる。

デザインだけで、こんな車に家族を乗せてお出掛けしたいと思える。

室内空間は背の高い車と比べると頭上のスペースは劣るが、頭がぶつかる心配は無用。

 

 

むしろ、空間を上手に使えている。一言で言うと丁度良い。

今の車は全体的に背が高すぎる。二階建てにする訳でもあるまいし。

 

f:id:shibshib1222:20190422232132j:image

 

必要にして十分。 

3人家族であれば間違いなく足りる空間が確保されています。

後部座席にチャイルドシートを付けて隣に奥さんが乗っても良いし、そうすればトランクと助手席には荷物をのせることができる。

 

スタンダードの内装はファブリックシートでブラウン色。シンプルで品が良く十分な満足感が得られる。

広さも申し分なく、長距離も問題ない。

 

f:id:shibshib1222:20190422232428j:image

 

軽自動車初の遮音フロントガラスを採用しています。

N-ONEはプレミアム軽としてデビューし、コンパクトカーなどの普通車から抵抗なく乗り換えられる軽として人気を博しました。

 

その走行性能は軽としては静かですし、上質。ターボであれば少しビビるくらい力があります。乗り心地は軽ということを考えれば十分遠乗りできる性能

 

 

f:id:shibshib1222:20190422232432j:image

f:id:shibshib1222:20190422232439j:image

 

 ホンダ独自のセンタータンクレイアウトにより室内空間は広大

2人乗車であれば走行性能の高さから軽ツアラーとして活躍してくれます。

 

f:id:shibshib1222:20190422232436j:image

 

 

現在のライフスタイルを考えたときに必ずしも今の車でなければならないこともないかもしれません。それが軽でも良いのであれば維持費も安くなります。

その浮いたお金で貯金するも良いですし、N-ONEで旅行に行くも良いでしょう。

N-ONEはそうした気軽に出掛けられる相棒的な存在になってくれることでしょう。

 

 

 N-ONEの走行動画をyoutubeにあげている方がいますので参考までに。

youtu.be

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コンバース CT70 チャックテイラー

f:id:shibshib1222:20190403114057j:image

 

札幌も4月に入りようやく春らしい陽気になってきました。衣替えと一緒に足元も春らしいスニーカーにチェンジ!


f:id:shibshib1222:20190403114003j:image

 

今回はお気に入りのコンバースを紹介します!

 

コンバースと言ってもこちらはusコンバース。日本の現行モデルと比べてスニーカーとしての基本性能が高く、全体的な雰囲気もヴィンテージ風。初めて履いたときはコンバースってこんなにごつかったっけ!?と思うほど存在感が違います。

 

存在感があるということは色々ぶ厚くなっています、具体的にはソールの厚みが増しているので足を踏みしめるたびにフカフカで、クッション性が全く別物です。アッパーのキャンバスも厚くなっていて張りがあり、長く使っても耐久性がありそうな丈夫なキャンバスで、シューレースはコットンなので雰囲気もバッチリ。


f:id:shibshib1222:20190403114045j:image

 

このサイドのステッチがCT70の最も分かりやすい特徴で、足元を見るたびに違いを確認できます。これはただの縫い目ではなく、内側にしっかりと当て布がされていて、これによって耐久性が格段にアップしています。あとはトゥキャップと言われる爪先の部分のゴムパーツが現行より小さくなって、そに代わりにソールの高さが高くなって、黒いラインが現行より高い位置にあるのが分かります。

 

ヒールパッチはブラックアウトされたものが採用されていて現行のコンバースなどとは差別化されています。このヒールパッチには種類があるようで、三ツ星タイプの物もあります。


f:id:shibshib1222:20190403113937j:image

 

こちらはブルーより最近頻繁に履いているブラックのOXです。

こちらもCT70モデルですがブルーとは少し違いがあります。

去年買ったばかりなので綺麗です。CT70はラバーもシューレースも自然な生成りカラーで新品でもこなれ感があり、履きやすいし見ても楽しめます。


f:id:shibshib1222:20190403113948j:image

 

コットンシューレースとサイドステッチのオールドな感じがたまりません。

 

コンバースは誕生100年以上もの間、デビュー当時からカタチを変えずオールスターを作ってきました。時を経ても変わらずに愛されるものを最初に作ったコンバースは偉大です。


f:id:shibshib1222:20190403113925j:image

 

このデザインが三ツ星タイプ

こっちのデザインは70年代に販売されていたコンバースに採用されてたデザインで、こっちに方が雰囲気があって個人的なは好きなデザインです。


f:id:shibshib1222:20190403114014j:image

 

CT70には地味にこんなものがプリントされています。

このプレイヤーズネームと呼ばれるプリントは、コンバースがバスケシューズだった頃の名残で、CT70にはそのプリントがしっかりと残されています。


f:id:shibshib1222:20190403114034j:image
f:id:shibshib1222:20190403114026j:image

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

ライカ ゾフォートで藻岩山

f:id:shibshib1222:20190321191956j:image

 

札幌もようやく雪が溶け、暖かくなってきた今日この頃。今回はそんな陽気に誘われて愛機のライカ ゾフォート ミントを持って藻岩山へ行って参りました。

今日の札幌は天気が良く、気温も10度と暖かくて気分も上々。


f:id:shibshib1222:20190321192001j:image

 

平日のお昼の藻岩山は観光客が多いくらいで、地元の人は疎ら、ロープウェイ乗り場や売店で出会う人は従業員さん以外は殆ど海外からの観光客といった感じ。

 

ロープウェイを降りて、更にケーブルカーに乗って展望台まで行くと殆どが地元の人か日本人の観光客だけになった。

人数が減ってグッと静かになり、とっても良い気分で札幌市を一望できる。


f:id:shibshib1222:20190321192016j:image

 

このフェンスの階段がとても寒かった。

下から強風が吹いていて凍えそう。

ただ、なかなかないチャンスなのでパシャり。

フェンスの階段を降りると展望台の外周へ下ることができ、降りると小さな神社があった。

 

山頂はシャーベット状の雪が残っていましたがハイカットのコンバースのお陰で問題なく風景を楽しめました。

コンバースは元々バスケシューズとして登場したシューズで、100年以上もの間ほとんどカタチを変えず世界中で愛されてきたスニーカーの定番。長く愛される不変のモノって良いですよね。 

www.siburogu.fun

 

 

f:id:shibshib1222:20190326181900j:image

 

山頂の神社はこんな感じでかなり小さくも立派。 

近代的なデザインの展望台のすぐ隣に神社という組み合わせは中々お目にかかれない組み合わせ。大きな展望台と対照的に、影に隠れた小さな神社は案外目立つ存在だった。


f:id:shibshib1222:20190321192021j:image


f:id:shibshib1222:20190321192011j:image

 

神社の影にお地蔵さん?

お花が備えてあり、雪解けと相まってほっこり。

 

f:id:shibshib1222:20190326181927j:image

 

山頂の景色を堪能したところでロープウェイで下山。落ちる感覚の下りは慣れるまで少し怖い。自分の家が遠くに見えるのを確認しながらどんどん降る。ロープウェイは日常と非日常の境目を渡っているような不思議な気分にさせてくれる。


f:id:shibshib1222:20190326181932j:image

 

ロープウェイ乗り場に帰還。

ここでも見晴らしは良く、円山の住宅街を見下ろせる。


f:id:shibshib1222:20190326181936j:image

 

札幌に住んでいるとわざわざ藻岩山に行こうとはなりにくいけど、行ってみると案外良いところだと再確認できた。良過ぎるくらいの眺望は、普段生活している札幌をこんなにも小さく目の前に広げてくれた。

 

 

ライカ ゾフォート ミント

ライカ ゾフォート ミント

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コンバース 【ベーコン】今年も売り切れ続出。

 

札幌も今年は例年より雪が溶けが早く、春めいてきた今日この頃。

こんなに天気が良く、暖かくなってくるとスニーカーが欲しくなりますよね!

 

ということでアマゾンで買ってしまいました。

こちら[コンバース] スニーカー キャンバス オールスター HI ベージュ 27 cmです!

 

f:id:shibshib1222:20190320103601j:plain

 

コンバースマニアの私はかれこれこのベージュで10足目くらいになります。

このベージュはご覧の通り日本中どこでも売っている現行コンバース。サイズは27,5㎝。

 

ローカットのオックスフォード(OX)とも迷いましたが、OXはコンバースらしさが感じられるアンクルパッチが無いので今回はハイカットです。

個人的にはこのアンクルパッチがあるのと無いのとでは、鏡に映ったときのコンバース履いてる感が薄れてしまうのでコンバースは基本ハイカットを選びます。



f:id:shibshib1222:20190320103548j:image

 

1日履いてきましたがやっぱりコレコレという感じ。

足首までしっかりとホールドしてくれるので歩きやすいし運転もしやすい!

今日は札幌駅のエスタやらビッカメやらをぐるりと回った後、ロープウェイで藻岩山に登ってきましたが、冬に履いていたブーツと比べ、軽くて歩きやすくて超快適!

 

藻岩山の頂上はまだ雪がありましたが、気温は地上とさほど変わらず、天気も良く最高の眺めでした。

 

 

www.siburogu.fun

 


f:id:shibshib1222:20190320103554j:image

 

1日歩いて付いた汚れはこのくらい。

やっぱり白いラバーは汚れが目立ちます。

個人的には真っ白なコンバースは新品ぽ過ぎてちょっと恥ずかしい。少し使い込んで味が出てるくらいの方が堂々と履けるんです。毎日ガンガン履いてコンバース独特のくたびれ感が早く欲しいものです。

 

現行コンバースは他のお高いモデルよりキャンバス生地が薄く、ラバーも真っ白でシューレースも真っ白ですが、その分履き込んだ人の味が直ぐにに反映してくるし、安くてどこにでも売っているので替えが効くという点が良いところ。

肩肘張らずにラフに履けるので何だかんだ一番愛着が湧くのも良いところ。


f:id:shibshib1222:20190320103601j:image


ちなみに、先週見たABCマートを今週も見に行きましたが、コンバースは人気で特にこのベージュのハイカット、OX両方ともほぼ売り切れ状態で、去年に引き続き今年もベーコンは入手困難になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ルンバもどき!iLifeのお掃除ロボットv3s pro。

 

f:id:shibshib1222:20190313130030j:image

 

皆さんこんにちは!

今回はうちで毎日お掃除をしてくれているiLifeのv3proを紹介します。

ちなみにうちでは勝手にルンバと呼んでいます笑。

 

この一見ルンバの様な掃除機ですが、実はルンバの5分の1ほどの価格で、しかも性能は二人暮らし程度であれば、自分で掃除をしなくても十分キレイにしてくれるほど強力!

我が家では週一でゴミのタンクを掃除しますが、10センチ四方くらいのタンクが1週間でホコリやチリなどで満杯になる程吸ってくれます。

写真も載せるには余りにも汚いので1日分がこちら

 

f:id:shibshib1222:20190313132613j:image

 

思ったよりすごいんですよ!

もちろん、昨日まで毎日掃除している状態でこんなに吸い込んでくれます。

 

しかもうちではハリネズミをかっていて、散らかした砂なんかもしっかり吸い込んでくれるのでウチのもちまる君も喜んでいます。

 

f:id:shibshib1222:20190313133338j:image

 

 

掃除の設定は付属のリモコンでタイマーセットをすれば毎日その時間通りに掃除をしてくれます。掃除モードは普通モードと集中モード、壁キワモードが搭載されているのできになる所も集中的にお掃除可能です。

 

充電は2時間ほど持つので、掃除自体は約1時間半ほど行いその後ステーションへ帰宅します。勝手に充電してくれるところがまた偉い!

 

f:id:shibshib1222:20190313132627j:image

 

 

f:id:shibshib1222:20190313130057j:image

 

f:id:shibshib1222:20190313130125j:image

 

サイズはこんな感じで邪魔になる様な大きさではありません。

騒音も小さいのでマンションでも問題なし!

 

f:id:shibshib1222:20190313130129j:image

そこそこ薄いのでテレビ台の下も問題なくクリア!

 

f:id:shibshib1222:20190307121246j:image

 

障害物センサーが搭載されているので物の手前で止まってくれます。

ただ、黒いものなどには反応が悪くぶつかることもあります。


f:id:shibshib1222:20190307100110j:image

心配なのは段差。

毛足の長いカーペットは難なくクリア。見た感じだとどんなカーペットでも登れちゃいそうな感じ。

 

うちで使っている珪藻土バスマットもこんな感じで

f:id:shibshib1222:20190313130223j:image

f:id:shibshib1222:20190313130227j:image

f:id:shibshib1222:20190313130232j:image

 

ひょいと乗り越えてくれます笑。

車輪のところが伸びる仕組みになっていてなかなか力強い走りをします。

百均のスリッパくらいなら乗り越えて走ってしまうほど走破製があります笑。

 

 

最後に。 

価格や性能を考えても文句なしでオススメのお掃除ロボットですが、一つだけ弱点があります。それは、ウチの玄関の小さな段差!

 

一応、この掃除機には落下防止センサーが搭載されている様ですが、ウチの5センチほどの玄関の段差ではうまく機能せず、玄関内で力尽きていることがあります、、、笑。

最近は、玄関の周りを囲う様にしているので問題ありませんが、そこだけ唯一の欠点でしょう。それを考えても買いであることは間違いありません。